読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

卒業したいこと

今週のお題「卒業」

もう学校を卒業するほど、“卒業”がぴったりくる出来事もそうそうないけども。
個人的にとっても内容の薄い卒業したいことを載せます。(深夜3時のテンションです)

まず、ラーメンを食べる時に口に入れる麺とスープの割合をこだわりすぎること。小さい子供がいるくせにラーメンが大好きすぎる私は麺を啜っててまだスープを口に含んでない時に声をかけられても無視してしまう。こぼしようがたまごをスプーンに乗せてほしそうが、スープを口に入れるまでは、わかるよ言いたいことはわかるよと目力で訴えるだけ。常に子供が発信する言葉や表情には気をかけてるつもりだが、食事の中でもラーメン中だけはどうしてもこっちのペースを崩せない。最後の方に残してある玉子も絶対に譲れない。いいかげん大人になろう。確かにラーメンは待ってくれない、けど子供のお願いだってその一瞬だけのもの。伸びても美味いし、玉子だっていくらでも作ればいいんだ。

よし、次。夜道の警戒心が半端ないこと。夜の散歩が大好きで時間が許す限り音楽きいたりラジオ聞いたり何も聞かなかったり、出来ないシャドーボクシングしてみたり、まぁ歩き回ってるんだけど…異様に人を警戒してる。例えばその日になにか事件があれば通り過ぎる人はみんな犯人。絶体絶命状態。通り過ぎて足音が遠くなるまではいつでも回し蹴りできるようにしてるし、怪しい車が来た時はナンバー覚えたからな、何かしたら通報するからなって思ってる。しまいには家の門から急に半袖の人が出てきた時はもう怖すぎて反射的に叫んだらお義父さんだった。こんな嫁やだよ。なんか夜道のひとりだけの空間に人の存在があるとわかると敵認識しちゃうんだよね。

なんか大した卒業出てこないな〜
一番はこれだな。こんな時間まで夜更かしすること。間違いないよ。